簡単で適当な男の日記 ~bento-danshi's diary~

お金を節約するためにお弁当を作って会社に持っていっている簡単で適当な男(40代・新婚)のお弁当アーカイブです。クックパッド→http://cookpad.com/kitchen/12031058

かっぴーさんの発明

最近、ものすごい勢いで出てきてWEB界隈をにぎわせている、かっぴーさん。

matome.naver.jp

僕も最初に「フェイスブックポリス」を読んだときに衝撃を受けました。

特に笑ったのが、2、3ページに一コマくらいの割合で出てくる、名詞をオノマトペ風に使った表現。

http://kakeru.me/wp-content/uploads/2015/09/fbp2-724x1024.jpg

この「ザッカァァバァーグ」とか

http://amd.c.yimg.jp/im_siggRoypvNj8CCi8rsjXKElSww---x636-y900-q90/amd/20160121-00000001-fuufumanzai-004-1-view.jpg

この3コマ目の「アニマァァル」とかね。いまあらためて読み直してたら、「初めて見た」っていう状況のコマに「ショケーン」とか書いてあって、いろいろ応用もあるみたい。

もう、これが出てきただけで笑ってしまうというか、卑怯というか、いままでこういう表現していた人って誰かいたかなぁ。もしかしたら、かっぴーさんも誰かがやっているものから着想を得たのかもしれないけど、これは、エディ・ヴァン・ヘイレンがライトハンド奏法を発明した(実際にはその前から使っているギタリストはいたけど)といっていいくらいに、かっぴーさんの発明といっていいと思います。

 

しかも、ギャグマンガだけでなく、こんなシリアスなマンガや、

cakes.mu

こんなおもしろい小説まで発表していて、才能に嫉妬してしまいます。

note.mu

 

実は先日、宣伝会議が主催する「コピーライター養成講座」の無料セミナーを受けてきたのですが、

www.sendenkaigi.com

アンケートの「最近気になる広告」という項目に「一連のかっぴーさんを起用したタイアップ広告」と書いて提出したら、講師の人に「伊藤くん(かっぴーさん)もこの講座の卒業生ですよ」と教えていただきました。

きっと、才能に見える部分の裏には、ものすごい努力や工夫や勉強が隠れているのだろうと思います。

自分は40代半ばですが、かっぴーさんの才能に嫉妬しつつも、努力を積み重ねていきたいと思います。